すったもんだのAmerican Life


アメリカにきて毎日子育てと英語に奮闘していまーす♪
by poloredjp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

すったもんだのNewYork ~パート2~

ご無沙汰にも程がありますね((+_+))

もう忘れちゃいそうなのでがんばってUPします!!!!




4月28日(月)この日は朝から大雨。最悪。旅行ときたら晴れた私たちの歴史が崩れた瞬間です、、、。今日はタイムズスクエアーとか5thアベニューをぶらつこうと思ってたのに予定変更で室内で過ごせるアメリカ自然史博物館に行くことに。
↑私、興味無しなんですけどね。

早速ずぶぬれになりながらようやく地下鉄の駅まで着いたものの、ベビーカーやらカバンやら傘2本、そして子供。もうこの荷物と天気見ただけでどこも行きたくなくなる。

タクシー使う距離でもなかったし、地下鉄の方が本当に早いから仕方ないけど、やっぱり旅行にきて(特にNYは)子連れと雨という最悪な組み合わせは夫婦喧嘩も勃発するし、よろしくないです<`ヘ´>

そんなこんなで着きました。
e0130395_1127467.jpg

駅の下り口をでるとすぐ自然史博物館の入口につながってるから便利です★

入るとまたもやセキュリティーチェック(-_-メ)アメリカって大変ね。

そして入場券買うのに30分以上も待ち、やっと買えたものの、一人$24には驚き(ToT)/~~~
高すぎー!!!見るだけなのにとぶつぶつ言う私、興味ないから面白くもなくとりあえず一番上の階から見ることに、、、。

一番上の階には恐竜の展示物が、そこには巨大な恐竜がいました(^O^)/
e0130395_11331968.jpg

しかも何と、骨はすべて本物というからこりゃまたすごい!!
e0130395_11333599.jpg

その上、すごい至近距離で見れるんです。さすがNY、アメリカの中でもここが1番すごいのが置いてあるという噂も聞き、興味のない私はいつの間にか『へぇー』と食い入るように見てました、、。

恐竜好きにはいいですよぅー。





こんな変な動物も昔は存在したんでしょうねぇ。
e0130395_1135540.jpg
カエルのようなトカゲのようなワニのような、、、。
気持ち悪っ!



これは何なんだろう??
e0130395_11362664.jpg
とにかく巨大なんです!
昔はなぜ、あんなにもでかい生物ばかりいたんでしょうかね??



まじかで見ると骨だけなのにすごい圧迫感(@_@;)

お次は下の階に下がっていろんな動物コーナー★


e0130395_1141156.jpg
子供の背丈に合わせた手すりが本当にナイスです!!こういう気配りはいいですね、アメリカ!




そして家の息子の好きな鳥コーナー★

e0130395_11471291.jpg

あっ、、あれ!?リアルすぎていつものように喜んでない気が、、、、!?するのは私だけ?




すべてこれらも本物で眼には綿が詰めてあるんです。怖いよぅー。
ネズミとかリアルで本当に怖かった。
これぞアメリカ流ですわ。

そして今回の目玉(56いわく)、IMAXシアターという場所で映画みたいな、なんか動物の迫力ある映像が見れるというチケットを一緒にセットで買っていたらしく見に行くことに。

始まって10分、家族3人爆睡

はい、全く全く面白くありませんでしたー。なんか考古学者たちが化石を見つけては喜んでる映像が30分以上、、、、。
完全なる無駄なお金でした。

しかも56、プラネタリウムのチケットと迷ったんだって、絶対プラネタリウムだろー!!!!


まぁ、どっちにせよ寝たな。

はぁー、文句&腹減り&天気悪い&疲労で速攻出口に向かいました((+_+))

本当に巨大すぎて1日あっても足りない。NYの美術館も博物館みんな巨大なので結構つかれますよ。

もう足が棒ですぅ、けど、、地球の歩き方にのってた美味しいと評判のイタリアンに行くためにまたがんばって歩きました。

『イタリアン』

といえば杉本家では死語でした。ナイアガラでの大失敗以降絶対行くもんか!と決めてましたが、NYは世界1の都市、まずいものはない!と言い聞かせリベンジすることに。

お店の名前はMangia&Bexiという名前で、お客さんは私たち1組でした((+_+))

だっ、だって今はお昼過ぎだもんね。

そうだよね。

そしてこのお店面白いの、テーブルクロスにお絵かきしていいよ(子供がいる、いないに関わらず)ということでクレヨンをくれるのです。

悪がき&悪ママは書きまくりましたー。日本語分からないことをいいことにいろいろね★


そしてそして、恐怖のスパゲティーを頼みました。

私は無難にボロネーゼ、56はまたペンネ。そして調子にのってアルデンテをお願いしてみると、なんと了解を得たのです。

期待大!




結果、、、、、、


e0130395_12124350.jpg



美味いー!

美味いー!!

美味いー!!!

神様ありがとう!!

舞いあがった私たちはデザートもお酒もじゃんじゃんオーダーをし、最後には$80の請求が。

でも、なんか気分いいです。

美味しいって大事なことだね。お財布にはよろしくないけど最高の昼食でした。

そして今からまた観光だ!ということでお店を出て歩くと、、、、

人だかり、、、。

e0130395_12255613.jpg


これは!と有名人の匂いがぷんぷんしてきましたよー。

ミーハーな私は報道陣たちの白い眼も気にせず、ゲイの方々にも屈せず、待ってみることに。

さすがNY!会うかも知れないよね、、ここならー!ブロードウエイの裏道っていうのも有名人の匂いがします。

もちろんだれか分からないけど。だれがくるの??

20分くらい待っても人だかりが増えるだけでまだ来ないよー。SPがしきりにまわりに注意を払ってる。アメリカちっくー(^O^)/

誰がくるのか今更周りの人に聞けないよなー?(こんだけ待ってて知らないのかよ、、みたいな顔されるのいやだし)とか思いつつ、立ってると、、、、

雨も降ってきたー。

後ろ振り返ると56がもう行こう!って言ってる。

どうする!??どうする!?


去りました。


そして倫をだっこして歩き出した瞬間

きゃー!!と歓声が、そしてフラッシュパシャパシャ★

私、全速力で走りもどるとそこには

グウィネス・パルトロウがいたのーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

知らない人はここをクリックしてね↓
グウィネス・パルトロウ


私、パニック!あわててカメラのスイッチ入れてシャッター押したが、片腕にはわが子を抱いてるので思うようにとれず時すでに遅し、、、

彼女の横顔さえも撮れませんでした、、、。結果髪だけ。

e0130395_1251340.jpg


くやしー!あと3分、そこを離れなければ、、、、。

こうなったら56に八つ当たりです<`ヘ´>

まぁ、見れただけでもラッキーかな。

そして気を取り直して観光、観光。

マンハッタンの中心にある、セントパトリック教会です。にぎやかな通りに面しています。

e0130395_22563331.jpg



e0130395_1256296.jpg
中もとってもきれいです。



e0130395_12565258.jpg
ステンドグラスの窓もかわいらしい。ちょうど礼拝の時間でした。



キリシタンではないけどすごく良かったです。

倫がこんな静かな雰囲気なのに「わぁー」

と叫ぶので強制退場させました。

そして、ロックフェラーセンター前。
e0130395_1351499.jpg
この金の置物が目印です。



ここからみる夜景がものすごくきれいなんだとか。
天気次第ですけどね、明日にかけます!!!

エンパイヤステービルと並んで、とにかく背の高いビルでした。

そしてお次は、高級ブランド街5thアベニュー。
e0130395_130554.jpg
ティファニー本店も、グッチもプラダも何でもあります。


無い店探すのが大変です。

みーてーるーだーけー♪でしたけど。

お金があればもっと楽しいはずです。

最後にNYのディズニーストアーにふらっと寄り、なぜかうちの子、ミニーちゃんの貯金箱が欲しいとだだをこねております。
e0130395_13113537.jpg

このかわいらしい光景にぷぷぷっと笑えてきました。私も欲しいので倫君にがんばってもらいました。


そして、パパに買うから起きてと言われしぶしぶ起きる倫。
e0130395_13131127.jpg
よし!よくやった。



と、思ったのも束の間。

パパは見事にウソをつき買ってくれませんでした。大人って、、、、汚い。



外を出るとまだ雨も降ってるし、寒いので手短に観光し、アパートに戻りました。

っと、部屋に戻る前に路駐してある私たちの車が気になったためチェックしてくることに、、、。

この時点で夜9時過ぎ。

すると、、、



車が無い(ToT)

えーっと、わたす達の車がどこにも無いのです。

盗難???ポリス???

56くん失神寸前です。なぜなら会社様の車だからー。

私、変に、ポジティブ。こうなったらとにかく警察行くしかないと、彼に諭します。

彼、、、無言です。

私、大丈夫だと諭します。

彼、何が大丈夫だと??とキレました。ひぃー。


まず、いったんアパートに戻り、いろいろ考え、たぶん私たちの路駐した場所が悪くて(消火栓ポールの前だったため)レッカーされたと推測しました。

そして私たちの借りてるアパートのオーナー(日本人)に電話し、相談すると彼女がネットで調べてくれたんです。
幸運にも私たちのアパート近くの港にレッカーされた車を止めている巨大駐車場があるとのこと。

そこは24時間やっているということ。


そして早速タクシーで駆けつけました。
10分ほどで着き、そこにはパトカーがいっぱいとまってました。完全なるポリスたちの支配下でした。

恐る恐る入口をはいると、56君は愛想ゼロの(当り前か?)警察官の質問攻めにあい、いろいろ提出してました。自動車の登録証から国際免許証からパスパートから何から何まで。

私は倫をかかえ座って待つことに。なぜか子どもには優しい警察。ハローとか色々話しかけて構ってくる。なのでポリスは私にも愛想はいい。
私はここにいる間、絶対この子だけは離すまいと誓ったよ。

待ってる間の気がかりはもちろん罰金の金額$。いくらかなーと看板をみたらそこには

regular $185

heavy/duty $370

の2コースあった。

ガソリンかよ!?突っ込みを入れたかったけど私はひたすらレギュラープライスを祈るばかり。お願い神様ー♪
待つこと20分。

支払いは、、、、、レギュラープライスの$185でした。
まずはひと安心。

そして夜中の10時半近くに解放された私たちでした。

消火栓のポール(消防車が消火活動をするのにホースをつけるところ)の前はもちろんだめだし、前後も少し空けないといけないらしいです。
知りませんでしたーっというか正直やばいかな?とは思ったものの大丈夫だろ!と思ってたのです(-_-メ)

とにかくまだこっちの免許を取ってなかったので減点とかなく罰金のみで済みました。痛い金額だけど。

これからは気をつけて路駐しないと!←懲りてない

はぁー、本当にどっと疲れた1日でした。

パート3に続きます。
 
[PR]
by poloredjp | 2008-05-17 14:03 | 旅行
<< すったもんだのNewYork ... すったもんだのNewYork ... >>