すったもんだのAmerican Life


アメリカにきて毎日子育てと英語に奮闘していまーす♪
by poloredjp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

私の誕生日&悲劇

ながらく更新をさぼっておりました(-_-メ)

なまけ癖がでてきております、いかんいかん。

がんばりまーす♪


今回はまた長い付き合いになるかも、、、、、、です。

まぁ、覚悟しーや(笑) ←仁義なき戦い風






わたくし、8月8日に28歳の誕生日を迎えました(●^o^●)

       (↑こんな単純な理由でなぜか、昔から8は大好きなのです。)

ということで、家族でしっぽり過ごしました。



56君がパスタはじめご飯を作ってくれ、家族3人楽しく?過ごせました。

e0130395_14431982.jpg


最愛の息子からのチューも貰ったし(●^o^●)
e0130395_14463614.jpg


日本のケーキ(日本食材店でゲット)も食べれたし。
e0130395_14465321.jpg










でも、しいて文句を言えば、、、、


56くんがくれた、、、、、、



e0130395_14491612.jpg




バラが好きなのは分かってくれてたようだけど、、、、、、

小ぶり、いやいや手のひらと同じサイズなんですけどー。

なぜに???




手のひらに乗っけて自信満々に渡してきたけど、私の予想は抱えきれないほどのバラで(空想中)
『育児おつかれさま』

とか言われちゃって。

薔薇の中に指輪(無い無い!)なんか隠されてて、、、、、、。

『えっ、どうしたのこれ!?』

なんていいながらニター。


べたすぎるね。


あるわけないかっ、、、。


現実に戻りまして、なぜこの花チョイスしたかと理由を聞きますと、最近ガーデニングにこってるから鉢の方がいいと思って

ですと。


いやいや、鉢が嫌なんじゃなくてサイズなんですけどー!!!!!


そうゆうとこ気づかいできるのに大きさ無視しちゃってるよ((+_+))


なので来年は抱えきれないほどの花束を欲しいーーーーーー!と伝えるだけ伝えました。

女の子ってお花好きだよねー。

お花って無くても日々生きてけるけど、あったらなんか幸せな気分になるんだよー。

男性へ!!!





そしてご飯もおわり8月8日が静かに終わっていきました。

私ばっかの写真でごめんね、今日だけは主役だったの。

しかも56との写真一切ないし、、、、。


その翌日。


ここからが悲劇の始まりでした(-_-;)

土曜日、56は会社の人とゴルフで私とりんは家で過ごしてたの。

お昼寝を終えたりんちゃん、なぜか息が荒くておでこに手を当ててみるとあっつい。
計ると40度近く。



こんな高熱めったに出さないけど、まぁ風邪ひいたんだと思い薬のませてその日は安静に
してたの。

その夜、


みるみる顔も赤くなり(熱で)鼻も詰まって息もしづらそうで起きてしまって、再びおでこに手をやりチェックしたら、、、

一瞬で分かった。これはやばいと、、、。

過去にもない温度で(たぶん42度はあったと思う)すこし焦って、急いで水を飲ましたらりんちゃんの手が軽く震えだした。

『やばい!急いで病院まで行こう!』

と56に伝えると、抱っこしてる私の胸でりんがけいれんしはじめた。

その顔みたら白目むいて意識はなかったの。

その瞬間完全に私、パニックです。 

育児書では軽く幼児は高熱を急に出すとけいれんが起こることがあるとは知ってたけど、いざ目の前に息子がけいれんして白目むいてると冷静には全くなれませんでした。

真夜中、56が車を飛ばしてすぐ近くの救急に行きました。

その車内も『りんー!!!!』

と叫び続けたけどがくがくけいれんして意識は戻らず。

本当にこのまま死んでしまうかと思った。

病院についたら真っ先に車から飛び出して言われるがままに先生について行き「助けて下さい!」ってお願いしてベットに横たわるわが子を見てた。

りんは、いろんなチューブや機械をつけられて数人の先生に取り囲まれた。

そして10分もたたないうちにギャー!と泣き始めた。

先生の一人がもう泣いたから大丈夫、、みたいなことを言われ意識が戻ったことを知らされて初めて少し冷静になれたの。

そして真夜中にいろんな検査が始まり、りんは大泣き。

やっぱり「熱性けいれん」だった。

そして私はすべての事に対して反省ばっかりだった。

高熱が出てる時点でもっと油断せずに、定期的に薬を飲まして熱を早く下げさせればよかったと。

普通の風邪と思い、寝れば治る的な安易な考えをしたことをものすごく後悔した。

先生からは子どもにはよくあることだって言われ、高熱が出たときは薬を定期的に飲ませて急激に熱をあげないようにと。

(急激に上がる時にけいれんは起こる。けいれんはだいたい1回で終わる子と繰り返す子の半々らしい。)
もうこれから熱が出るたびにドキドキです。繰り返させないようになんとかしたいものです。


その日から3日間、りんちゃんは何の薬を飲ませても一切熱は下がらず39度~40度を保ち、私は夜中に急変するんじゃないかって不安で全然寝れず、毎日体温計とのにらめっこでした。

しかももう1個大きな問題が。

熱が出たのが9日、ロスに行く日が13日。私達13日からロサンゼルスに旅行に行く予定だったので熱が下がんないとやばいのです。

もうすでにカレンダーは日付が変わり、12日でした。


毎日頭の中で、キャンセル?いける?キャンセル?いける?

の繰り返し。

地獄。


キャンセルもキャンセルで20万位赤字

でも無理していって様態悪化はもっと最悪。


今日中に下がんないと、、、、、焦るー!




どうする!?





どうする!??






つづく!!!!!
[PR]
by poloredjp | 2008-08-25 17:17 | 日常
<< 奇跡!!の後の楽園  デート >>